Untitled

すぐやる人は最強だ。 すぐやる人は、同じ人生でより多くの経験を積むことができる。 すぐやる人は、同じ人生でより多くの友達を得ることができる。 すぐやる人は、同じ人生でより多くのワクワクを手にすることができる。 すぐやる人は最強なのだ。 たとえ拙速であっても、期限まで十分な余裕があれば、手直しできる。 皆で集まって相談もできる。 ギリギリに仕上げたら、見直す時間もない。 初速を速く、そしてリズムを作り、前のめりで進む。 このリズムを大切に、生きていきたい。 僕は、すぐやる人になりたい。
対人関係のなかで傷つかないなど、基本的にありえません。対人関係に踏み出せば大なり小なり傷つくものだし、あなたも他の誰かを傷つけている。
驚くべきことが判明した。『幸せホルモン』と呼ばれる『セロトニン』の95%は、なんと『脳』ではなく『腸』から出ていることが研究で判明したのだ!!

腸の状態が悪いとセロトニンもスムーズに分泌されないことが判明。便秘や暴飲暴食による腸の疲労状態を改善することが、幸せかどうかを感じることに大きく関係しているのだ。腸の状態が良いと腸から「セロトニンを出してくれ(笑)」と脳に指令を送るので、人間は「腸で物事を判断している」ともいえるのだ。

腸は熱を持つと「セロトニンを出してくれ(笑)」と脳に伝達する仕組みが体内に備わっている。逆に腸が冷えた状態であると「幸せじゃねえ(笑)」となってセロトニンが分泌されなくなる。普段から温かい飲み物を飲む、身体を温める食事をすることは風邪予防など、体のコンディションを保つだけでなく精神バランスを保つためにも効果的であるのだ。

また、同じものばかり食べることはセロトニン分泌を妨げることもわかった。食事が単調になってしまうと『体温調整』がスムーズに行えないため「同じもんばっか食っても幸せじゃねえよ(笑)」という状態になり、腸が脳にセロトニン分泌指令を出さないため、精神バランスが崩れ、ストレスから暴飲暴食やウツの原因となることも判明。

(略)

なお、腸からセロトニン分泌指令を出すのに最適な食品は『カレー』であることも判明した。スパイスが多く含まれ、たんぱく質、脂質、炭水化物がバランスよく摂取できるカレーは、腸を温める効果がバツグンなので「カレー食ったし幸せだわ(笑)」「セロトニン分泌しよっと(笑)」という状態となり、腸がセロトニンをドバドバ出すよう脳に指令を送るのだ。

カレーは小麦粉がふんだんに使用されている市販のカレールーを使ったものではなく、スパイスを混ぜ合わせた『インドカレー』など本格的なカレーが効果的。『薬膳カレー』と呼ばれるカレーは身体に良いだけではなく精神面にも効く万能食だったのだ。もちろん、小麦粉がメインではないスパイスが豊富ならば市販カレーでもOK!!
だいたいどんな人でも年間700時間(つまり1日に2時間)の勉強を5年間続ければ、世界に通用する人材に必ずなれる。しかし残念ながら、こういう発想をする人はあまりにも少ない。
100%- always 「常に」「必ず」
90%- almost always「ほぼ必ず」
80%- ususally, normally, generally 「普通は」「普段は」「たいていは」
70%- very often, frequently 「とてもよく」「頻繁に」
60%- often 「よく」
50%- sometimes 「ときどき」
40%- occasionally 「たまに」
20%- seldom, rarely 「めったに~ない」「ほとんど~しない」
10%- almost never, hardly ever, scarecely ever 「めったに~ない」「ほとんど~しない」
0%- never 「決して~しない」「全く~しない」「一度も~しない」
— 頻度を示す16個の英語の副詞の使い方を完璧に身につける簡単訓練法 | わいわい英会話 (via rairaiken424)

(via an-k)

160 : めばえちゃん(チベット自治区):11/02/18 00:52 ID:aT/mnUoK0

お前らってコピペばっかで文章力ねえよなあ

217 : ケロ太(dion軍):11/02/18 01:01 ID:TCPAdB1zP

»160 
私は長文を書くこともできます、コピペではなく長文を書くことができます。
しかしながら、長文を書くということはν速的ではないのです。
ν速において長文を書くということは、読むなと言っているに等しいのです。
読まれないレスなど何の意味がありましょうか?
たとえその文章が森の奥に咲く花のように美しくとも
読まれなければ価値がないのです。

あなたは長文を書き、スルーされたときの悲しさをしっていますか?
私は知っています。一生懸命書いて、なんどもなんども推敲して
やっと書きこみ、誰かレスをしてくれるだろうと思ったら、誰もレスを返してくれない、

悲しいじゃありませんか。私はニ時間かけて必死に書いたレスでそのような経験をしました。
私は年甲斐もなくパソコンの前で泣きました。私のニ時間はなんだったのだと。
私の思いは誰にも届かなかったのだと。

それから私は長文を書くことをやめました。私は学んだのです。
しかし、今回に限り長文を書くことにします。しかしながら、おそらくこの文も読まれることは少ないでしょう。
ν速において文章力というものは必要ないのです。
必要なのは文のセンスであり、ユーモアであり、エスプリなのです。
文章力など何の意味もありません。

583 : バリンボリン(東京都):11/02/18 02:45 ID:oFOS0OygP

やたら長い文章だっていうのに、»217のレスは異物感なく一息で読めたんだ。どうして?
何を考えて、何を食べて、何を学んだら俺もこういう文章が書けるようになるの?

603 : ケロ太(dion軍):11/02/18 02:53 ID:TCPAdB1zP

»583 
修辞技術を使ってるからです。
リズムと文章を整えるのに修辞を使っているのです。
たとえば、この一文だけでも

長文を書くこともできます、コピペではなく長文を書くことができます。 

AではなくBという形と、
繰り返しの修辞技術を使っています。
ちなみに好きな食べ物はラーメンです。

610 : バリンボリン(東京都):11/02/18 02:56 ID:oFOS0OygP

»603 
その技術は、どこで?ハウツー本でも読んだの?

611 : カールおじさん(catv?):11/02/18 02:57 ID:SOLC2rVY0

»610 
レトリックでぐぐれ

637 : ケロ太(dion軍):11/02/18 03:06 ID:TCPAdB1zP

»610 
講談社学術文庫からでてる佐藤信夫さんのレトリック本を読んだんだ。
もうちょっとお金が出せるなら、彼が収集して、死後出版された「レトリック事典」がおすすめだね。
事典なんだけど、ほんとおもしろいんだよ。読んでると時間がたつのをわすれちゃうんだ。
神保町までいって探して見つけたときはほんと嬉しかったあ。
でね、なにがおもしろいって、古今東西のレトリックがのってるんだ。
いろんな作家が考えに考えたレトリックがのってんだから面白くないはずないよね。
筒井康隆とか、日本語の例もいっぱい載ってるから読みやすいよ。

669 : バリンボリン(東京都):11/02/18 03:19 ID:oFOS0OygP

»637 
正直ここまで親切に対応してくれるとは思ってなかった。深夜だからかな
ありがとう

694 : みらい君(千葉県):11/02/18 03:31 ID:XN2/QSqp0

»637 
レトリック辞典欲しいけど高いから、って悩んでたんだが、買うことにしたわ。

ふきだしのレトリックっていうサイトもおもしろくてオススメだぜ。

短気な性格を直すよりも、自分が何にどうキレるかの基準を自覚した方が良い。

怠惰な性格を直すよりも、自分は何をどうやりたいか、を意識した方がいい。

受け身な性格を直すよりも、何をどう受けるか、の精度をあげる方が賢い。

性格は変えるよりも受け入れる方が幸せになれる理由 - keitaro-news - 書評で学ぶプレミアム整理術 (via atasinti) (via yellowblog) (via sakuma) (via plasticdreams) (via uessai-text) (via omasayan) (via vmconverter)

おおお、これはすごい。今更性格なんて変えられないからな。これで行こう。

(via mendokusai) (via cabinessence2009)

(via gintonic) (via motomocomo) (via onehalf)

(via pcatan) (via syumari)

(via filemente) (via fujihajime) (via hepton-rk) (via takashi0215)

(via ikkki)

(via matsu9ya) 2011-03-26 (via gkojax-text) (via ishida) (via usaginobike) (via numbnumbclub)

(via funa1g) (via constan) (via mitukiii) (via non117) (via quote-over100notes-jp)

(via yukomegane) (via quote-over100notes-jp) (via hektor3a)

(via zaiga)
Ultralite Powered by Tumblr | Designed by:Doinwork